Girls²、皆に元気与えまくりな件(「ダイジョウブ」のはなし)

  • by

Ring Ring♪」、「スキップ!」のはなしを書いたので、
「ダイジョウブ」も感想を書きます。よろしくお願いします。

ファントミラージュのOPですが、とにかく
「日曜の朝からOPの段階で元気をTVの前のみんなに与えすぎ罪」
が適用されて、逆逆警察に逆逮捕される曲なんですよね…
マギャク巡査アベコベ刑事来ちゃいますよね…

「イケない心、ちょーだいします」(ビターン

!!!

リリースイベントに来てた文秋「ファントミキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

という感じで、超絶Popな曲なんですなぁ!

作家陣は、
作詞:松井麻維
作曲:わたるスペシャル
編曲:わたるスペシャル、中西ゆういちろう


松井さんとわたるさんはmagical2の「フレフレ」でもおなじみの方ですよね。
ロックユニット「majemad」でご一緒されてるお二方で、長年共同で作られているだけあって阿吽の呼吸によるドハマり感が耳馴染みMAX。
ロックでメロ重視曲多めユニットですよ!!
あーもう「ダイジョウブ」の安定して神曲確定感が…!

あと松井さんの声高めかわいいでむしろカッコいいんですけど!

編曲の中西さんはわたるさんと同じT’s Corporationの方で、ジャズとかブルースの鍵盤奏者なんですって!!!
カッコいいコード感が間違いないので、確実にカラオケバージョンを購入しなくてはいけません…
ワタクシは買ってます…

とりあえずYouTubeの公式チャンネルにMV(ダンスバージョンのほう貼るよ)が上がってるので、全人類は聴かねばなりません。
https://youtu.be/XXBXNP8aLHU
☝これ

さぁ、「ダイジョウブ」がいかにPopでいかにスゴイかを耳で確かめてみることにしましょう。

①メロディ

E major(#×5)でスタート。ド=Eとして読んでね!

ちょいサビ

ミラちゅーの小田ちゃんが歌い出し。
ちなみに、mirage2 ver.ならココミが歌い出し。
最初のフレーズが「ソ→ド」の四度DOWN。
高めからのスタートという、いきなり元気与えまくるんですよ!!

このスピード感を維持したまま元気を与えてくれるGirls2
もうすでに楽しいんですが……

そんな楽しいのはサビ中ずっと続きますよ。

「ソ→ド」の四度DOWNで高めスタートを再度アピールしつつ、
「ソ→ド」で四度UPしつつ、その「ド」から「ド→ラ」という長六度UPです。
そこから二度or三度でゆっくり下がる…という遷移なんですが、
「ソ→ド→ラ」に注目してください。激元気案件です。
「ラ→ド→ラ」なんてのは「スキップ!」とかmirage2の「ピース!」とかで
実質八度UP
っていう感じでありましたが、
それを凌駕する「実質長九度UP」というヤバエモ元気ULTRA MAXIMUM遷移なんですよ!!!!!!!!!!

そして高めスタートアピール遷移と、ヤバエモ元気ULTRA MAXIMUM遷移が含まれるフレーズ群を計2回ループするという。
どんだけ元気与えるんだ…というメロディ。

さて、2回目が終わったら結びフレーズです。

結びには「ド→ソ→ド」の五度UP&DOWNを含むモチーフからの、「ソ→ド→ソ…」
結びフレーズにも「実質八度UP」あるんか!!!!と!!!!

もうテンション高めで聴いてるはずです。俺はテンション高めです。

この高低差、かなり難しいですよ…
何度でも言わせてください。 Girls2のみんな、素敵ガールズ達(©白鳥アンジュ)です。

わたるさん、「フレフレ」でも結構高低差のあるメロディでしたが、
magical2の面々はしっかり歌えてたのでイケる判断を採ったのでは…!
実際Girls2サイドから採用されてるので、「彼女らなら歌えるっしょ~判断」をしたエライ人からも信頼されてるという歌技術。
ゴイゴイスーじゃあ!!!!
スー進呈です(©ダイアン)。

さて、このちょいサビ。しっかりサビです。
1周だけだからちょいサビとしましたが、しっかりサビです。
伴奏を落としてるわけでなく、フレーズは1周したりするので、しっかりサビ。

Aメロ

「ド・ラ」の主音モチーフ

「ミ・ソ・ラ・シ」の展開パターン
で構成されてるAメロ前半。

主音をガッチリ固めてるので、かなり落ち着いた印象です。
とはいえシンコペーションで跳ねてるという。
ホッピングのやつでホッピングし続けてる感。
こんなやつね⇒https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/toys/2189352051

そして、「ミ・ソ・ラ・シ」。
これが意味する重要な事は、「ファ」を抜いてることなんですが、
クセがそこそこすごい「ファ」を抜くと、それはそれでクセがすごいんですよね。
大クセの「シ」御大はいますが、むしろいることによって「ファ抜き」のクセが中和。
っていうか、よく考えたら「ド・ミ・ソ・シ」でⅠM7の構成音なので、
クセどころか正統派じゃねーか!と。
「ラ」も主音系なので正統派の一員。
あぁこれつまりは、Girls2は正統派のグループってことか!!!

そして後半。
「ファ」の登場で場が盛り上がります。
Aメロの最高音として呼ばれた「ファ」さん。
Girls2の元気担当で、満を持して登場です。

そのモチーフで「シ」まで下がるので、「ファ」と「シ」の夢の競演です。
この「シ~ファ」って短二度ポイントが2つ(「シ⇔ド」、「ミ⇔ファ」)出来るので、かなりやわらかく聴こえるんですよね~
「シ・ファ」は同士は三全音(増四度・減五度)音程で、それ同士だといまいち仲が良くないですが、
間に取り持ってくれるヤツを3人集めると優しい空間になるという。

優しい空間で元気を分け与えられつつBメロ!

Bメロ

早速「ミ」のトレモロ!
トレモロなんか元気の象徴みたいなところありますよね~(主観)
しかもシンコペーション。跳ねる跳ねる。
この曲は元気の象徴だけで出来てる説はあります。

同モチーフを3回繰り返すんですが、2回目で「ド→ソ」からの「ソ→レ」という五度UP&四度DOWN。
サビに向けてアップダウンが激しさをみせます。
これも元気の象徴ですな。

そのあと結びのフレーズに入りますが、その一個前の音と結びの最初の音で「ソ→ミ」を形成しているので、実質長六度UP!
元気の加速がスゴイんですよ……

高いレベルにまで引き上げられた元気。
そのままサビ行っちゃうんですよね~

サビ

サビです。
ちょいサビと同じですが、1番のサビは「ちょいサビ分のメロディ」を2周します。
高低差の激しいアップダウンによる無限に元気が湧くメロディ×2なので、
\(∞×2=∞\)ですね!
つまり無限に元気が湧きます(反復)。

ちなみに、サビもシンコペーションなのでホッピングのヤツは曲開始時点から持ってました。

メロディ同士のツナギは、ほぼ二度の動きで構成されていて、給水が出来ます。
給水ポイントで水分補給して2回目。
滑らかに無限元気湧走法を繋げます。
これ、フレーズ同士のツナギ部分で使ってた二度遷移モチーフを「レ」結びに変えたような感じのモチーフ。
モルデント的なところの1拍目に休符が入ってるのがカッコいいし、二度遷移なのでやわらかい響きでカワイイし……

何気に「カッコいいGirls2 (「Ring Ring♪」の話参照)」と「かわいいGirls2 (「スキップ!」の話参照)」が両方含まれてる曲という。
そして元気。

オープニング曲としてピッタリすぎる……!

#2Aメロ~サビ

という流れを、もう一周しちゃうんですよね~
元気が飽和するどころか、ずっと限界突破していくんですが!!!

サビはちょいサビと同じ1周になってます。
サビが終わると、Dメロですよ!

Dメロ

「ラ」スタートでマイナー感を出しつつ、そのあと「ド→ソ」の五度UPを追っかける構成で始まるDメロ。

急に長調感から短調感を出すメロディになると、人は涙を流します(俺だけパターン)。
エモすぎませんか……エモーションをムーブさせ過ぎてませんか……

そこから一旦「ド」で結びつつ、後半。
ファ→ド→ファ」の五度UP&DOWN
⇒構成音「“シ”・ド・レ」で追っかけ
⇒⇒「ソ♯→レ」の“三全音UP”でさらに追っかけ
⇒⇒⇒「シドレ」部隊に合流

怒涛のエモエモパターンでスゴいんですけど!!!!
今まで出てきたエモエモワードが全部入ってますよ……
最後、「シドレ」部隊に合流してから結びのムーブになるので、すごく滑らかなメロディですよね。

二度上昇モチーフの連続が気持ちいいフレーズを歌いつつ、Bメロの結びでラスサビへ!

ラスサビ

ありがとうございます。短二度上昇転調です。
F major(調号♯+5)になり、ド=Fで読んでください!

我々はこんなに元気を貰っていいんでしょうか…!!!

元気の権化こと、短二度移調する短二度上昇転調ですよ…!!!
そしてその状態で無限に元気が湧くメロディ

ここまでヘッドホンで聴いてましたが、ヘッドホンしたまま踊ろうと思います。
だって元気が満ち溢れてるんだもん!!!
というわけで、ウチのMDR-CD900STさん(のケーブル)には頑張ってもらって、
ダンスムービーで振りを覚えて……

(´-`).。oO…ダンスはからっきしなオジサンがここまでいくほど元気を貰えます。

しかも、この曲。ここで終わりじゃないという…!!!

アウトロ

ありがとうございます。Extended versionです。
作曲のわたるさん曰く、「天マデトドケ☆」のアウトロ(英語のところ)を意識したそう。
Happy」なんかもアウトロで展開するので、miracle2のような感じの構成ですな~🥰
だいこうぶつです。
プリチャンだと「ワン・ツー・スウィーツ」とかがそんな構成。
だいすきすぎます。

「ダイジョウブ」は「ダイジョウブ」で印象的な「ソ→ド」の四度DOWNをリフレインするスタイル。
その合間に英語詞で「ファ・ミ」の短二度同士の音によるメロディ。
この対比ヤバエモなんですが……最後まで元気たっぷり………

実質トッポな「ダイジョウブ」。
やっぱこれだわ!!!!

②コードとか

イントロ~ちょいサビ

最初はE majorから。Ⅰ=Eで読んで!

「Ⅰ」
「Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ」

最初から音量が徐々に上がるフェードインで飛ばしていくスタイル。
そして「Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ」のところでギュインギュイン。

早速盛り上がってます。会場あったまってます。

からのサビ!

「ⅣM7-Ⅴ7-ⅠM7-Ⅵm7」×2
「ⅣM7-Ⅴ7-♯Ⅴdim7-Ⅵm7」
「Ⅱm7-Ⅲm7-ⅣM7-Ⅴ7-Ⅰ-Ⅰsus4-Ⅰ」

王道進行のⅢmを「ド」をベースにしたヤツです。
やっぱりこの進行は疾走感がいいっすねぇ~!

疾走感の理由は進行だけじゃなく、コード構成音を鳴らしてるシンセがシンコペーションなこともありますよね。
そこに四つ打ちバスドラム。
リズムの違いがくっきりして、踊りたくなる感じです。

あと、アタック強めのシンセが気持ちよすぎませんか!!
かと思ったら次はアタック弱めの三角波みたいな音!!!

ええ、楽しげな感じですよ!

このあともずっと楽しげという、伴奏からして元気のカタマリ。

Aメロ

「ⅣM7-Ⅴ-ⅠM7-Ⅵm7-ⅣM7-Ⅴ7」

コード進行の基本形はこれなんですよね。疾走感です。

ここのピアノコードとグラスハープ的音の透明感がかわいすぎるんですよ…
そのグラスハープ的音のボーカルとの調和を聴いてください。
ただでさえかわいい Girls2 の歌い方が強調されて、かわいいオブザイヤーなんですよ!

そこに四つ打ち。ほら、やっぱり踊りたいでしょ???
ウチのMDR-CD900STちゃんはやっぱり酷使される運命なのです(踊るときは外せ)
やや小さめに鳴ってる歯切れのいいシンセもちょいサビに引き続きシンコペーションしてるので、リズムを刻むのが楽しいです。

よし踊ろう!!
踊って元気になろう!!!!

Bメロ

「Ⅵm7-ⅣM7-ⅠM7-Ⅴsus4-Ⅴ」

どうしてもファントミラージュのOP映像がちらついて、
Bメロ入りのクラッシュ等爆ぜる系音のところで、
「ギャンヌ所長が\ドーン!!!/」
ってなるんですよね~

という感じで、Aメロから多少マイナー感のあるBメロへは明確な区切りが。

この進行、Ⅵm7とⅠM7をⅣM7で繋ぐという、夢見心地進行なんですよね(今考えた語)
夢見心地なのは鳴ってるシンセの倍音のせいという説もありますが、ⅣM7によるものも大きめ。

シンセメロもパンをめっちゃ振ってるのとか、多幸感強めな三角波っぽいのとか、Leftで「ソドソド…ソドソド…」ってなってるのとか…
夢見心地になる要素しかないんですよね。

ベースもルートを心地よく外して上下する感じ。
Bメロで鳴ってる伴奏はすべて幸せな夢の中のような心地よさがあります…

それでいてボーカルメロは割とカッコよくなってるという。
このバランスがスゴいので「カラオケ版」も聴いて比較するのがよろし。

Ⅴsus4-Ⅴで夢見心地を一旦抜けまして、ドミナントでサビへ送る形。
さぁサビですよ!

サビ

「ⅣM7-Ⅴ7-ⅠM7-Ⅵm7」×2
「ⅣM7-Ⅴ7-♯Ⅴdim7-Ⅵm7」
「Ⅱm7-Ⅲm7-ⅣM7-Ⅴ7sus4-Ⅴ7」
「ⅣM7-Ⅴ7-ⅠM7-Ⅵm7」×2
「ⅣM7-Ⅴ7-♯Ⅴdim7-Ⅵm7」
「Ⅱm7-Ⅲm7-ⅣM7-Ⅴ7-Ⅰ-Ⅰsus4-Ⅰ」

ここから怒涛の4516進行!
ガチ疾走感。一旦Bメロで泡に包まれて浮いてた後のガチ疾走感。
ギャップが堪りません…!

そういえば「Happy」も疾走感ありましたが、あちらが「夜の街灯見ながらの疾走感」で、
こちらは「南中高度高めの日差しを浴びながらの疾走感」です。(主観MAX)
なにかとmiracle2曲と共通点を見出しがちなのはやっぱりmiracle2みがあるからなんでしょうか…!

ちなみに歌詞を見ると、魔法をかけてたりするのでmagical2感もありますね…
何気に「ダイジョウブ」だけじゃなく、「Ring Ring♪」「スキップ!」もなんらかの魔法をかけてたりします。
魔法三部作。それってマジカルじゃね?とかおもいました。

で、ファントミラージュのOP、と。(歌ってるのがmirage2)

「ダイジョウブ」はガールズ×戦士シリーズのここまでのおさらい曲だったんだよ!!!

という考察。ヘボット考察勢よりは穏健派です。
穏健派だけどファンファンはしてます。

伴奏の話。
ちょいサビにはなかった「キレのあるノコギリ波的なコード鳴らしてるシンセ」が思いっきり付点のあるリズムを刻んでいるんですが、これにより疾走感がちょいサビの300%くらいになってます。
1番のサビはそんな状態で2周するので、疾走しすぎて揚力出てきます。
湾岸線を滑走路にしてますね。羽田行けよ!!!

ということなので、2番からは空から中継します。

#2Aメロ~サビ

流れは同じですが、Aメロを1番より落としてます。
ピアノ伴奏を抜いて、シンコペーションシンセメロとグラスハープ、ドラムのみに。
そこから、二度目のⅣM7のところでベースがギュイーンってなりーのピアノコード復活。
逆に豪華感が強くなってます。
一回宇宙空間出て、無重力を体験した可能性。(空飛んでる設定継続中だよ)

Bメロ~サビは同じノリで、サビが一周になってます。
ちょいサビと同じ長さで、伴奏は1番と同じ豪華さ。
そこを経てDメロへ向かいます。

Dメロ

「Ⅵm7-Ⅴ-ⅣM7-Ⅰ-Ⅴ/Ⅶ」
「ⅣM7-Ⅴ7-♯Ⅴdim7-Ⅵm7-♯ⅥM7-Ⅴsus4-Ⅴ」

コード進行が二度下降型に。徐々に高度を下げます。
と見せかけて「ド」に上がって下降するという、上昇気流乗っちゃった系の進行。
というのが前半です。
シンプルなベースと、ポップなシンセメロ、スパークルなシューティングスター的サウンド。
ここらでチルアウトしましょう。(カタカナ多め)
チルアウトする感じの伴奏ですが、ポップなだけあって踊れます。

後半が上昇形なのでチルアウトして休んでても可。
踊っても可。元気MAXで突っ走っても可。
懐が深い曲です……

そして後半は上昇クリシェですな。
「ⅣM7-Ⅴ7-♯Ⅴdim7-Ⅵm7」は王道進行の変形パターンで、疾走感により加速しつつ、「♯ⅥM7」で大気圏突破してる感じ。
音色数はそこまで多くなく、ベースがキモです。
Ⅳ→Ⅴはベースが長二度遷移でクリシェじゃないですが、連続的な上昇形を感じてください。
ベースがのぼり切ったところの「♯ⅥM7」でキラキラするのがマジで激カワ。
宇宙空間。

そんなキラキラ激カワ大気圏突破をしつつ、ラスサビ行っちゃうわけですよ。

ラスサビ

短二度上昇転調!
F major(調号♯+5)で、Ⅰ=Fとして読んでください!

コードは前のサビと同じく、

「ⅣM7-Ⅴ7-ⅠM7-Ⅵm7」×2
「ⅣM7-Ⅴ7-♯Ⅴdim7-Ⅵm7」
「Ⅱm7-Ⅲm7-ⅣM7-Ⅴ7」

さて、短二度上昇ですよ。
もう地表に戻ってくる気がない感じです。
宇宙から元気を我々に照射するつもりですよコレ…

それってつまり太陽かなんかですか???
「Girls2・太陽説」が浮上です。

…俺最近宇宙の果てまで行った人の話書いたな…(「スペース!スパイス!スペクタクル!」のヤツ)

まぁそれは置いといて、サビの勢いが単純に底上げされているラスサビです。
ラスサビの二度上移調ほんとすき……

ラスサビの結びは、もともとあった「-Ⅰ-Ⅰsus4-Ⅰ」で全楽器がミュートになります。
ピタッと止まってボーカルを聴かせるスタイル。
カッチョよすぎるだろ!!!!

ミュートをしましたが、むしろミュートをしたことによって、この勢いはまだとどまるところを知りません。
アウトロへGO!!!!

アウトロ

「ⅣM7-Ⅴ7-ⅠM7-Ⅵm7」×2
「ⅣM7-Ⅴ7-♯Ⅴdim7-Ⅵm7」
「Ⅱm7-Ⅲm7-ⅣM7-Ⅴ7-Ⅰ-Ⅰsus4-Ⅰ」

アウトロはサビとほぼ同じ伴奏です。
控えめに言ってブチ上げ伴奏なラスサビ伴奏をもう一回やっちゃうスタイル。

そのブチ上げ疾走感のまま「Ⅴ7-Ⅰ-Ⅰsus4-Ⅰ」で終止。
完全終止しましたが、まだ突っ走ってる感覚が。
リピートかけて何周でも出来ちゃいます。

何度も聴いて元気を貰いまくりましょう。

Girls2、1枚目からスゴい

「ダイジョウブ」、「Ring Ring♪」、「スキップ!」。
どれもヤバい。スゴい。エモい。
モー娘。の歌詞みたいなこと言いだすくらいのスゴさです。

最高のクリエイターによる最高の楽曲がメジャーデビュー1枚目というGirls2です。
満足度が高いです。ダンスも観てて楽しいし。
俺は踊れないので、尊敬のまなざしでパフォーマンスを観てます。

(同じ理由でわーすたも好きです。わーすたも聴いてね。)

初手がこんな感じだと、2手目3手目も追っかけたくなるのが我々楽曲派ヲタク。
追うぞ!!!

そんな感じです。ばーい👋

miracle²、magical²、mirage²や、「キラッとプリ☆チャン」の曲なんかもこんな感じで書いてるのでよろしくです👍

7月はファントミラージュとキラッとプリ☆チャンのコラボがあるので、プリチャン曲も聴いてみてください!
いい曲揃ってます!

更新情報をプッシュ通知
させることが出来ます。

よろしければm(__)m

↓この記事をシェア!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です