ジュエルアイドル桃山(「TOKIMEKIハート・ジュエル♪」のはなし)

  • by

気付けばキラッとプリ☆チャンが始まってから1年。
もう1年経ったの!!??

という感じでキラッとプリ☆チャンシーズン2が始まりましたね!!

早速の新キャラ、新システム、新Dear Crown、新曲etc…
と、楽しそうな要素が2年目初回から盛りだくさんでした。

さて新曲。
我らが桃山みらいが自作したという伝説曲。
描写的には作詞しかしてないけど、メロもオケも作っててほしい神曲。
あ、そういえば鼻歌入れたら編曲勝手にしてくれるアプリあったから少なくともメロだけは作っててほしい神曲。

そ・れ・が!!!
「TOKIMEKIハート・ジュエル♪」だ!!!!

初出がゲームの更新タイミングの関係で、ゲーム初出だったんですよね~

なお、劇中では「桃山が自作した曲」ということになっていますが、
一旦現実に戻り…

作詞:真崎エリカ
作曲:矢鴇つかさ
編曲:酒井拓也

あぁ…ありがとうございます…
みんな大好き、俺も大好き、Arte Refactの作家さんですな!
キラッツメンバーは初ですね~

よし!紐解くぞー!
弾き語り用のコードも拾うぞー!

①メロディ

曲の頭はE♭ major(調号は♭3つ)からのスタートなので、
文中の階名ド=E♭だもん。よろしくだもん。

イントロ

なんか「だもん」の使い方が違う気もしますが、さっそく聴いていきます。
珍しくイントロにボーカルメロディのある曲ですね。

ドを中心に据えて、五度UP(からの即五度DOWN)がめちゃくちゃ印象的な鋭いメロディ。
鋭いけれど、五度なので耳心地はトニックの安定感…
2期のド頭は「座長・桃山」のどっしり構えたスタートから始まっているんですなぁ!

フレーズの後ろの方は四度UPもしちゃうという大盤振る舞い。
そしてファからはゆっくりフワフワっとドに戻ってきます。
そこまで五度UP(DOWN)を連発してたので、ソのイメージが強くある中、急に四度UPが来るという。
完全に「ファ」を印象付けにきてますなぁ…

まあ、モチーフ1周目は「レドレミミ」の部分が2周目に「ファミレドド」になってるって感じなんですが、
レは長二度で近い音だけど、ファは完全四度でポーンって上がる感覚はかなり印象に残るよね…って話なわけですよ。
1周目は滑らかに進むのでそこまで気にならなかった部分が、四度UPで脳へ直接刷り込んでいくスタイル。

これでもうあなたは「ファ」を意識せざるを得なくなっています…
桃山の術中です…

結びはちゃんとド。
Aメロ~サビとは切り離された区間なんですな~
(コードは違うけど、メロディは一回結び!)
って感じなので、アウトロ(サビ後)にも登場しますよ~!

Aメロ

さて、Aメロもド中心です。

ところで、ここのメロ。シが妙に浮いて聴こえるんですよねぇ…
シが不思議ちゃん感をめちゃめちゃ出して若干浮いてるんですよねぇ…

これにより、メロディ的には「ドへの途中経過」なだけのシがやたら存在感を出してきてるんですよ…(主観強め)

まぁそれは置いといて、ド中心のメロディなのでかなりホーム感が。
桃山家です。おちつくね。
くつろぎがちな桃山家のソファです。いやソファじゃないです。いやソファ以下略

フレーズ後半でファも入れつつの「ミドラ」と下がる桃山さん。
これⅣM7の構成音ですな。これはもう郷愁感。
つまり家族感が!!!ママ山さん!!!ママって呼ばせてください!!!

Aメロを聴いてるだけで桃山家の食卓を囲みがちなんですよねぇ…(なお主観)

フレーズ2周目の最後に、シ♭が登場しますね~。
コードも相まってE♭ minorが一瞬顔をのぞかせます。
音符の並びも歯切れのいいシンコペーション&ノンレガートな歌い方で、桃山がキリっとしますね。
ここだけクール桃山。

クール桃山もよく考えたら桃山家っぽいよね!
昔のパンクなママ山さんの血を継いでるわけだしね!

キリっとしーのBメロへ!

Bメロ

入りからラブリーの歌い方する桃山。
クール桃山からのギャップに可愛さ振り切れてるよ!!!!

なにがラブリーなのかというと、「ミ♭」をメロディにいれちゃってること。
「ミ♭」に合わせて「Ⅳm7」になってますが、この「m7」が「ミ♭」。
これがまた郷愁感のかたまりで…
なーんて話を「乙女アテンションプリーズ」でも言ってたり。
これほんとかわいすぎるんすよぉ…
やわらけぇんすよぉ(響きが)…

コード編でも言及したいのでこの辺にしますが、とにかくかわいい音「ミ♭」でした。
(使い方を変えると「Play Sound☆」みたいにカッコよくなったりしますが、それはまた別のお話…)

モチーフ2回目で「レ・シ」を使うんですが、直前のミ♭によるマイナー化が一瞬効いてて「シ・ラ♭(E♭ minor上)」に聴こえるゾーンになってます。
ただ、その直後、「レ♭(E♭ minor上)」によって「( ゚д゚)ハッ! これ『ミ』だ…」ってなります。
桃山のかわいいやーつにうっとりしすぎて夢見てました。
ゆめゾーンでした。。。

そのあとはドを強調するメロディになり、あーちゃんとうつつですねってなります。
桃山さん現実でした。

と思ったら、Bメロ最後のフレーズで「ド・レ・ミ♭・ファ・ソ」の音を使ったメロディが!
またしてもE♭ minorでかわいいゾーン。
うっとりして夢見ちゃいますねこりゃあ。。。。

直後のコーラスはE♭ major上でシまで上がっていくメロディです。
起きてくださーい!まだ寝る時間じゃないですよー!(まりあボイス)

「シ」のおかげで目が覚めました!
そのままサビ行っちゃいましょう!

サビ

ここでなんと!転調します!
C majorに転調(転調前から調号♯+3個)に!

これはほぼ近親調ですね。
E♭ majorに戻した瞬間、「ラ(E♭ major上)」を主音にした調に飛ばされました。
常時夢見心地の世界へようこそ。

さて、サビのメロディはというと…
ほぼヨナ抜きのペンタトニック!
度々話題に上るヨナ抜き。
ヨナ抜きといえば極東感が出るんですが、このサビなんとなく浴衣を着た桃山さんが目に浮かぶんですよね…
お祭りの時期に金魚なんかをすくっちゃう桃山が見えるんですよね…

しかし、ところどころ絶妙な位置でファとシを入れてきます。

今まで「ファ」と「シ」を印象を強くさせる使い方をしてきましたが、
サビではヨナ抜きのペンタトニックをやわらかくなめらかにするために使ってます。
「なめらか・やわらかい=かわいい」
つまりかわいく聴こえさせるための「ファ」と「シ」。
桃山ほんと策士すぎる。
しかも一瞬だけという。

結びではラドレを使ったメロディでペンタトニックを意識させる感じでサビを終えます。
しかもそれを2連。完全に意識させての結び。
「ヨナ埋め」のかわいい感じをちゃんと活かすスタイル。

(TV Sizeでは)このあとイントロと同じメロディが来るのですが、
(イントロ同様E♭ majorなので調号♭+3個追加してね!あとド=E♭)
実は「『ラ』のないヨナ抜き」+「四度UPのところだけ『ファ』」という。
あぁ!策士だよ!桃山ちゃんとかわいい向上委員会副委員長だよ!!!

全部桃山の術中でしたよ、って話よ。
これを聴いてしまった時点で「桃山みらい推し」になってしまうよ、って話なのよ。

②コード進行とか

E♭ majorということで、Ⅰ=E♭です。

イントロ

初めからえもいシンセ鳴らしてるわけですよ。
あの編曲アプリ優秀すぎない…?

※とまぁ劇中のネタだとそうなるんですが、酒井さんありがとうございます…耳心地いいです…※

最初のシンセ、ダイアトニック上の7thを鳴らしてる感じです。
「ミ・レ・ド・レ・ミ・レ・ド・ド(たぶん)」なので、

「ⅣM7-Ⅲm7-Ⅱm7-Ⅲm7-ⅣM7-Ⅲm7-Ⅱm7-Ⅰ 」×2

からの~

「ⅣM7-Ⅲm7-Ⅱm7-Ⅲm7-Ⅱm7-Ⅲm7-ⅣM7-Ⅴ」

二度ずつ動くコード。
メロは割と尖りつつも、コードは滑らか。
ド頭から策士っぷりを発揮してます。

あとコード鳴らしてるシンセをスネアとズラしていく音符配置。
まだAメロすら行ってないのにエモエモ要素詰め込んでます。

そしてそのパーカッションは後半に行くにつれ音価を短くしていくEDMでよく聴くテンションアゲアゲ手法。
SUPER CUTIE SUPER GIRL」でも聴いたアガるパーカッション。
パーカッションと一緒に音が徐々に上がる(刻みも細かくなる)ピュンピュン言うシンセ。
もう開幕前からブチアゲる桃山。エモすぎませんかちょっと…

Aメロ

さぁ、ブチアゲは一旦チルアウト。
緩急つける桃山さん。
最初は上昇クリシェですね~

「Ⅰ-Ⅰaug-Ⅰ6-Ⅰ7」

ほぼ鍵盤楽器のトップノートがクロマティックに上昇。
そういえばこのクリシェでジングルベルに伴奏付けたなぁって記憶がよみがえりました…
かわいいですよねこれ…
楽器少なにゆったり。ゆったりしましょう。
ちなみに、Leftにいるギターがカッコいいのは仕様です。

そこからはⅠ7を受けてしっかり解決。

「ⅣM7-Ⅲm7-Ⅵm7-Ⅱm7-Ⅴ(-Ⅴaug-Ⅴ)」

Ⅳからの3625の四度で滑らかにしていく進行。
Ⅱm7とⅤの間にベースが「ミファ」と動くのでさらに滑らか。

「Ⅰ-Ⅰaug-ⅣM7-♭Ⅶ7」

ももっ!?やまっ!!!???

ゴホン、冷静になりましょう…
これすなわち
「ドミソ-ドミソ♯-ファラドミ-シ♭レファソ♯」
ということで、
「ソ→ソ♯→ラ→シ♭」
の上昇クリシェという点で同じですが、ベースが上のコードのルートなのでかなり動く印象に。
しかも音名だけクリシェのパターン。
豪華に聴こえますね。桃山魅せ方分かってる…

ところでⅠaug-ⅣM7でプリリズのゲームを思い出すんですよね…
筐体BGMでこんな進行なかったでしたっけ…?

んで、そのあとは♭Ⅶ7を受けつつ

「Ⅱm7-Ⅲm7-ⅣM7-Ⅴ」
「♭Ⅶ7-Ⅰ」

また♭Ⅶ7に上っていきました。
実はメロディ編でちらちら見えてたE♭ minor上のダイアトニックコード(ドミナントセブンスのやつ)なのでこの後割と出ます。
ということで、♭Ⅶ7が出るのは必然…桃山の計略の一つだったわけですね…

そろそろ「桃山(とうざん)先生」と呼びたい…

Bメロ

AメロとBメロの境で一旦結びきるんですが、そこでシンセのタムタムがええ感じでフィルイン。これすき!
そして、Bメロは

「ⅣM7-Ⅳm7-Ⅲm7-♯Ⅴdim7-Ⅵm7」

Ⅲm7までは下降クリシェでございます。
Ⅲm7からは上昇クリシェでございます。
おいおいおいおい!2019年Kawaiiコード進行アワードはこれに決まりだろ!!!
無事ノミネートです。
ということで、これホントかわいいんですよ!耳をそばだてて聴いてほしい!

そしてここのかわいいは実はⅣm7が担っておりまして。
メロディ編で言った「郷愁感」。おしとやかタイプのかわいい。
まりあちゃんとはジャンルが違うけどかわいいんです。
目の前に鍵盤があったら一旦CDEFGABCって白鍵をグリッサンドしてから
「F・A♭・C・E♭」で弾いてみてくだせぇ!
おしとやかかわいいから!(語彙力完全喪失)

ところで最初の方、耳をそばだてて聴くと黄色い何かがパクパク何かを食べそうなFM音的なのがLeftに…?
これがまたいい音なんですわ…

そしてー

「Ⅱm7-Ⅲm7-♭Ⅲ6-Ⅴsus4-Ⅴ-Ⅲsus4-Ⅲ」

♭Ⅲ6=Ⅰm7の転回ということで、マイナーをちらみせです。
Ⅴsus4-Ⅴ-Ⅲsus4-Ⅲのゴリゴリドミナントゾーンは期待感が強く聴こえるぅ!
サビへの道が出来上がりました。
コードを見ると、C majorに行きたくなる結びだったんですね~
あと、ここの部分、ベースがクロマティックに動く途中に通るソ♭が個人的に好きです…

さてしっかりドミナント(しかもサビの調の)で繋ぎーのサビです!

サビ

C majorに転調(調号♯+3個)ということで、ド=Cです。
サビはあんまり非和声音を使いすぎずかなりシンプルな感じ。

「Ⅱm7-Ⅴ-Ⅴ/Ⅳ-Ⅲm7-Ⅲm7/Ⅶ-Ⅵm7-Ⅴ」
「ⅣM7-Ⅱm7-Ⅴ-Ⅰ7sus4-♯Ⅴaug」

倍音多めの和音で最初の3拍を埋めるのが豪華。
主人公の風格。
ベースも割と動いてて、特筆すべきところを分数コードにしてみました。
ファとシ、こんなところでも出てきました…!
桃山の計略の緻密さがよくわかりますね…
虎視眈々とかわいい向上委員会委員長を狙っている…?

伴奏フレーズ自体も仰々しくないシンプルな感じで、ゴージャスさを際立たせるスタイルですね~(主観)

…いやいやいやいや、フレーズ周回の間(上の一番後ろ)にシンプルじゃないのが!!!

フレーズ同士をかっちり区切る♯Ⅴaug(たぶん)。
オーギュメントも完全単体だといわゆる不協和音ですが、こんな感じで一瞬だけ使うと曲にメリハリが出てる印象に。
クール桃山がここでも登場で、ただでさえ強い「かわいい」が強調されまくってる感じしますね。

そして2周目は、

「ⅣM7-Ⅴ/Ⅳ-Ⅲm7-♯Ⅴdim7-Ⅵm7-Ⅴ」
「Ⅱm7-Ⅴ-Ⅰ-(Ⅰ7)-Ⅵ7」
「Ⅱm7-Ⅴ-Ⅰ-Ⅰsus4-Ⅰ 」

王道進行のベース・ファ残しだ!
Ⅴ7のドミナント感が弱まってやわらかく聴こえるヤツですよね。
ベースのオクターブ奏法が心地いいリズムを刻んでます。
ほんと、伴奏がわりとオーソドックスなので、桃山のかわいさとサビ結びの元気さがストレートに伝わってきます。

結びはしっかりツーファイブワンで終止。
結びきります。
結びきるんですが、間髪入れずにアウトロへ。

この余韻の残し方もかわいい。
桃山、かわいいを熟知してますねこれ。。。

アウトロ

E♭ majorです(調号♭+3個)。この方向の転調が最後に来るの好きだなぁ…
Ⅰ=E♭で。

イントロと同じではあるんですが…
サビとの境にあるスネアフィルインとか、サビで完全に上がり切ったかわいい度とかの関係で、聴こえ方が違いますよね。
イントロの方はエスカレーションを目的としていたのでブチアゲ要素が多めでした。
アウトロは維持させる感じ。たぶんそんな感じ。
サビのノリのままいってます。

最後の結びは、

「…-Ⅱm7-Ⅲm7-ⅣM7-Ⅴ-ⅥM7」

ⅥM7ということで、サビの調のⅠM7ですね。
オシャレ。オシャレの権化。
最後の最後でオシャレさ出してくる桃山。

しかも音色もピアノと倍音多めシンセ。
これもうオシャレかわいいジュエルアイドル第1位決定じゃんよ~!
静かめの偽終止で桃山推しが増えちゃいますね!

オシャレかわいい桃山爆誕

ワン・ツー・スウィーツ」といいこれといい、桃山さんのラブリーはどうもプリリズみがあります…
サブドミナントが多いからかなぁ…とかですかね

というわけで、オシャレモンスターとかわいいモンスター兼任が決定いたしましたのでどうぞ今後とも桃山みらいをよろしくお願いいたします。ファンより。


…しかし、プリチャンシーズン2も爆速でエモエモ曲が増えていきますね…
ありがとうavex、ありがとうプリチャン製作委員会…🙏

そんな感じでした。ばーい👋

他のプリチャン曲もいろいろ書いてるのでよろしく👍

更新情報をプッシュ通知
させることが出来ます。

よろしければm(__)m

↓この記事をシェア!↓