「Steps」ってすごかったよね ~かのん編~ (「Steps –brandnew myself–」のはなし)

  • by

さて、かのんの「Steps」。聴いてみましょう!

前準備編(前提とメロディについて)
↓ほかのSteps↓
Steps -twinkle star- (ぴのんver.)
Steps ~Secret はあと♥~ (じゅのんver.)

Steps -brandnew myself- (かのんver.)のアレンジとか

まずはかのんから。(出た順番的にはじゅのんが最初だったり)

調は「F major」。

ちょいサビ~イントロ

ラブリーだけあって、まずかわいめの声でスタート。

「Ⅳ-Ⅲm-Ⅱm-Ⅰ」

にストリングスでソ乗せからの、

「Ⅳ-Ⅴ-Ⅲm-Ⅵm-Ⅱm-Ⅴ」

にストリングスのソードレミドーソー(+だいたい三度下)乗せ。

こっからイントロです。

「Ⅳ-Ⅲm-Ⅱm-Ⅰ」
(ベース繋ぎ)
「Ⅳ-Ⅲm-Ⅱm-Ⅰ」

を繰り返し。
跳ねた感じでピアノとかベースとかが音を鳴らしてますね~!

全編通してですが、(ゲーム中のジャケットイメージのせいもあるけど)春のイメージ。
スプリングなんじゃー!跳ねてるんじゃー!

Aメロ

バッキングがピアノ前面に出るやつ。しかも跳ねたテンポかつフォルテ気味。
楽しすぎんだろおい!
コードの方はというと…

「Ⅰ-Ⅲm7-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ」
「Ⅳ-Ⅴ-Ⅲm-Ⅵm7-Ⅱm7-Ⅴ-Ⅰ」

構成音がそこまで変動しない動きからのSD-D-T、
4536の王道進行を挟んで、ツーファイブワン、
…あぁ、日本人の耳にジャストフィットで包み込まれる感じ!

一度ここで、完全終止で着地します。ゆったりした流れですね~🌸

Bメロ

「ⅣM9-Ⅲm-Ⅱm-Ⅴ-Ⅰ」
「ⅣM9-Ⅲm-Ⅱm-Ⅲm-Ⅳ(-♯Ⅳm7(-5))-Ⅴ7」

ⅣとⅢmは1小節まるまる同じコードで、どっしりと構えたバッキング。
動きがあるのは8分でスタッカートしてるピアノくらい。

フレーズ2ループ目のm7-5が繋ぎであるね~くらいで、
かなりオーソドックスにゆったり。チルアウトゾーン。チルチル。

頭のサビにもあった、「ストリングスのソ」がコード感を釣り上げてて(susって意味じゃないよ!)浮遊感が強いですなぁ~
ふわふわ~

サビへの接続で

「Ⅰ/Ⅴ-Ⅴ7」

が。
細かく言えば2回やってますが、Ⅰの構成音は装飾音程度なのでどちらでもOK。
Ⅰ/ⅤもほぼⅤsus4な聴こえ方ですが、こいつは期待感が強まる&ドミナントセブンスのクセの強さをある程度消してくれるので大好きです。

というわけでサビへの期待度MAXになりました。

サビ

「Ⅳ-Ⅴ-Ⅲm-Ⅵm」×3
「Ⅱm-Ⅴ」

を2回。
王道進行ゴリゴリで進んでいきますよ!
サビはコードの変更が忙しく、晴れやかな気分がイメージできます。
俺のイメージは春の太陽が照ってる花畑の中にいる感じ。
あー気持ちがいいな~

で、そこからイントロとほぼ同じ

「Ⅳ-Ⅲm-Ⅱm-Ⅰ」
(ベース繋ぎ)
「Ⅳ-Ⅲm-Ⅱm-Ⅰ」

「Ⅳ-Ⅲm-Ⅱm-Ⅰ」
(ベース繋ぎ)
「Ⅳ-Ⅲm-Ⅱm-Ⅲm-Ⅳ-Ⅴ」

でAメロへ。
すこしAメロへの繋ぎ方が違いますが、ノリは同じ印象ですね。

#2 Aメロ~間奏

「Ⅰ-Ⅲm7-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ」
「Ⅳ-Ⅴ-Ⅲm-Ⅵm7-Ⅱm7-Ⅴ」

Aメロ。まぁさっきとほぼ同じですが、ストリングスがメインになりました。

そして間奏へ。…あれ?様子が…おかしい?

はい。そうなんです!間奏で転調です!
「A♭ major」!

「F minor」で同主調転調とみても可。
※間奏中はディグリーの読み替えしてね!

さて、間奏を聴いているとちょっと違和感を覚えると思います。
聴いてみましょう。

「ⅣM7」(2小節)
「Ⅲm7」(2小節)
「ⅣM7」(2小節)
「Ⅲm7」(1小節)←これ
「ⅣM7」(2小節)
「Ⅲm7」(2小節)

…わかりました?同じコード・伴奏で2小節取ってたところを途中1コードだけ1小節になるんです!
一瞬グイっと持ってかれる感覚…
この後すぐにかのんの微笑み声が聞こえる…

たぶんこのタイミングで花畑で「ねぇついてきて」的に腕めっちゃ引かれました。
という妄想しちゃう。
かわいい。

さて間奏後半。

「Ⅱm-Ⅲm-Ⅳ-Ⅲm-Ⅱm-Ⅲm-Ⅳ-Ⅴ-Ⅲ7」

SCSGでⅣ-Ⅲm-Ⅱm-Ⅲmなんてのは見ましたが、これもフワッフワッとなる印象のあるコード進行。
かわいい。

最後のⅢ7にF majorのダイアトニックを当ててるので、ここのタイミングで「F major」に転調したと考えましょ。

つまり、最後は「Ⅲ7」じゃなくて「F majorのⅤ7」ということでドミナント。
Bメロに続きます。ほぼ同じバッキングなので割愛。サビもリフレインということで割愛。

アウトロ

イントロで使っていた流れにストリングス強めかなーという感じで、結びを

「Ⅱm-Ⅰ-Ⅱm-Ⅰ」

で〆。
ⅡmとⅠの間に軽く低音のソが挟まってたり。イントロにも実は挟まってたり。
一瞬アーメン終止のような聴こえ方なんですが、意外とツーファイブワンで完全終止よ!
しっかりカデンツ組んできてました。

コード進行もそこまで忙しくなく、柔らかい響きのが多く、ストリングスがメイン、
ということで、全体的にかなりゆったりとした流れの印象ですね。

こういう感じ

非常にラブリーっぽい感じ。
聴きながらずっとハッピー。

次!
Steps -twinkle star- (ぴのんver.)
Steps ~Secret はあと♥~ (じゅのんver.)

Steps以外でも書いてます

更新情報をプッシュ通知
させることが出来ます。

よろしければm(__)m

↓この記事をシェア!↓