赤い花咲いた(ネタバレ有)

う~ん、どうしても『隣に…』的な解釈しちゃって目の前が滲むZE…

「君」は近くに居ない気がするんです。最後に「君に会いに行こう」って言ってるし。

でも、どこに居るのかが分からない。勝手にあの世とかにして勝手に滲んでる訳です。

たとえば冒頭の近くに誰も居ないような夜明け前に「咲いたよ」って誰か(恐らく一緒に種を蒔いた"君")に問いかけてる所。

誰も居ないけど君は居るのかな~と思ったり、

2番の「優しい風」を「君だ」と気付いて、「目を閉じ」たら「君が笑ってる」、なんて所もそれっぽいなと思ったり。

もしかしたら片思いソングかとも思ったんですがねぇ。「朝一番におはよう」って言うのはもうすでに親密な可能性が高いと思い、これはないかな、と。

その後もずっと君に恋しているってことは、もう手の届かない存在に…

…と、あんまり深読みしすぎて何がなんだか分からなくなってしまったw

そして、この日記は「続きを読む」とかで隠せないのにネタバレしちゃってるっていうorz

更新情報をプッシュ通知
させることが出来ます。

よろしければm(__)m

↓この記事をシェア!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です